児童養護施設の児童と共に
”オーナム”を

TrenserのCSRチームは、今年、ケララ州の祭り「オーナム」の
期間中に、州都トリバンドラムのモニビラにあるSadhana Renewal Centerを訪問することを提案した。

社会的責任

当社は、社会的責任を果たすこと、そしてそれを企業文化に根付かせることを約束します。雇用を創出し、一部の人々にバランスのとれた生活を提供するだけでなく、組織の枠を超えて、困窮している人々を支援します。Trenserの現在のCSR活動は、以下のものに限られています。

  • 地域の一部リハビリテーションセンターで、障害のある市民に物資を提供
  • 定期的に 「笑顔こぼれる美味しさを」というアプローチで支援を実施
  • 地域の自然災害に対応するため、労働や物資の提供など、救援活動に自発的に参加

持続可能な職場

当社は、雇用機会均等、多様性、包括性を確保し、環境に優しく、快適で健康的な職場を提供します。オープンで透明性が高く、親しみやすい職場環境で、全社員の健康を守ることを約束します。

  • 社員を均等に扱い、社会的・文化的多様性を企業文化に取り入れます。また、性別、民族、宗教、障害の有無によって差別したり、優遇したりすることもありません。
  • 組織を常に改善しつづけるには、社員の自主的貢献意欲とリーダーのコミットメントが重要です。当社は定期的に社員参加型のプログラムを実施し、改善のためのアイデアを常に受け付けています。
  • 快適な職場環境を提供する一方で、さまざまなエネルギー管理手段を用いた省エネに努めています。社員の省エネ意識を高める努力を続けることで、エネルギー効率の高い職場の実現を目指しています。

CSR活動

当社のCSR活動はまだ初期段階にありますが、定期的に社会の貧困層を支援しています。そしてこれからも着実に社会貢献を強化していくことを約束します。